月刊pfc【守備の極意伝えます】2020年3月

年末年始より始まった、新型コロナCOVID19により、スポーツ界、エンタメ、一般事業と影響がでた。

その中でも、一人一人ができることを続けること。
感染拡大させないよう、一致団結することが現在大切なこととなる。

さて、今日は1vs1における守備の仕方についてまとめていく。
現在の日本の特徴として、やはり憧れられるポジションはMFでテクニックのある華麗な選手である。

世界各国見ていくと、子供の憧れる選手は、メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、ネイマールが抜ける中、続く選手は、国の特性が現れる。

日本の1つの問題として、「個」と言われるが、その能力の中でも、「守備」は大きな課題だ。では本題に入っていこう。
※最後に簡単なメニューを1つ紹介!

飛び込むな!

飛び込むな!行くな!と教わってきた選手も少なくないだろう。
しかし、これによって、取りに行くタイミング、相手との本当の間合いを見失ったまま成長する選手が多い。

1vs1の守備では、自分が優位になること

※1vs1でのシーンでの基礎的な行動順序

  • アプローチ
  • 方向の限定
  • 身体をいれる
  • 奪って攻撃へ

上記の順で守備をしていく。全ては、攻撃のための守備であることを忘れてはいけない

アプローチ

守備の中で、最初の部分でもあり、最も大切な部分だ。
海外のチームでも小学生からこの部分は徹底して指導されている。
ちなみにアプローチというのは、相手に寄せるとだ。
なんでもそうだが、素早く寄ってこられると驚く。

では、なぜ驚くのか?それは、寄ってくる間に、脳内で判断ができていないからだ。

一般的に、寄せる距離は、相手の身体を触れる距離まで寄せてほしい。(体格、能力にも寄るから、”一般的に”と表現)

なぜ寄せるの?リスク高いよ?

そんな声も聞こえてきそうだが、寄せなければ、相手に選択肢を与え、優位になられる。

一つ例を紹介する。

遠い例

上の写真は、アプローチが遠い場合。ボールが足元に収まった状態でかつ、この距離から奪うことは不可能。

そうなると、互いの間にある空間は、攻撃側が自由に使える空間となる。

結果として、左右どちらにもいける状態になり、守備することは難しい状態となる。

このアプローチは、とても大切でかつ、とても難しい。なぜなら、そこには「駆け引き」が生まれるからだ。

もちろんリスクは高い

リスクはもちろん高い。寄せてくるとわかっていたら、攻撃側もそれに応じて、準備し、判断を変えることができるからだ。そのためにも、ステップワークをする必要がある。細かく、いつでも動けるような体重移動とステップを身に付ける必要がある。

この寄せのスピードの中でプレーができるようになれば、守備のトレーニングであるが、攻撃もレベルアップすることだろう。

次ページ:方向の限定・攻撃へつなげる能力

月刊pfc【クロアチア/ディナモザグレブより育成ダイレクター特別指導の11月】2019年11月

10月より徐々に選手たちは次に向かって動き出している。
すでに奥田選手(YouTube:https://youtu.be/uh0Rd2UVh5I )はオーストラリア2部のMarconiStallionsと契約した。

12月にはアジア組が、また、国内組もトライアルが始まる。
年を明け1月からはヨーロッパ組が渡航する。

11月の月刊PFCの最大のニュースは、なんと言ってもディナモザグレブの育成ダイレクターの訪問である。


遥々クロアチアから、CL常連でモドリッチなど数多くの選手を輩出したディナモザグレブの育成機関のツルニッチ氏。

当日は、実際にディナモザグレブのトップチームが掲げている問題点の1つ

「DFラインの横へのスライドとアプローチ」

について我々も取り組んだ。
実際、やることはとてもシンプルだが、「その1歩」へのこだわりは強かった。

生憎の天気の中ではあったものの、練習後は、講義室を使って、ディナモザグレブのプレーを確認。そこでは、今日やった練習が実際に写っていて、比較がされた。

チームの成長(変化)を動画で確認し、ディナモザグレブを経験した。

自分たちが持っていたプレーの疑問だけでなく、もちろんクロアチアの選手移籍の情報など、多くのリアルを知ったSC相模原pfcメンバーは、これから世界へと羽ばたいていく。

YouTubeページ開設:https://www.youtube.com/channel/UCZuL7UjttTMQt5dBBvWBMrg

記事掲載:高校サッカードットコムにて掲載!
https://koko-soccer.com/interview/46-people/70-people40

【11月の練習試合結果】

VS帝京大学
前半 0-2
後半 0-1
合計 0-3

VS工学院マリノス
前半 0-0
後半 1-3(中丸)
合計 1-3

月刊pfc【チャレンジが始まる10月!】2019年10月

来年に向けての動きが始まった。選手たちはこれまで、大学との日々のトレーニングに加え、トップとのトレーニングマッチを行なっている。

トップチームとの練習試合には、世界を経験した稲本潤一選手や水野晃樹選手ともプレーをしている。

SC相模原PFCだからこそ経験できるトップとの試合を彼らはどう感じているのか。

トップへの特別セレクションも実施され、さらにここからアジアやヨーロッパのトライアルも始まる。選手たちは、授業で学んだ経歴書の作成方法や、映像の作成方法を駆使し、自分を売り込むための”武器”を作っている。

SC相模原プロフォーマンスフットボールカレッジyoutubeページ↓

動画ページはコチラから
プレー動画はこちらから↑↑

ステップアップのための術を知っている、SC相模原PFCの選手たちは、他では得難い情報をもち、これから羽ばたいていく。

同時に、来年度のセレクションも始まり、選手たちは時間の経過を感じ、昨年の自分を思い出す。
これから選手たちの戦いが始まる。

10月のフォトギャラリー

月刊pfc【7,8,9月の夏期報告!】2019年9月

灼熱の夏が終わった。と思ったが、まだまだ朝でも灼熱が続いている。
7月には来年度のセレクションも始まり、既存選手にはいい刺激となったのは間違いない。
自分たちに残された時間を意識しながら過ごした夏期。

フィジカルウィークもあり、選手たちはこの夏で一皮剥けたように見えた。
しかし、大学との練習試合での得点の減少が顕著に。

個人としての成長だけでなく、チームとしても成長していきたい。

2期生セレクション開催中!>>https://www.sagamihara-pfc.jp/selectionfor2020/

フォトギャラリー↓

月刊pfc【始まって3ヶ月、海外の情報を得る】2019年6月

4月から始まり、3ヶ月が終了した。
選手たちは、「もう3ヶ月終わっちゃった」「残り9ヶ月・・・」
と、時間を感じながら日々トレーニングに励んでいる。

3ヶ月経ち、生活の慣れではなく、チームへの慣れも気になるところだが、お互いに刺激しあい、今でもしっかりと継続できている。

ユーロプラス海外スタッフによる講義

海外で活動しているユーロプラスのスタッフによる講義も開催された6月。
エージェントとしても活動しているスタッフから、選手の移籍例や各国の特徴、トップレベルの選手のメンタルなどの話があった。

SC相模原の事務所でも開催した。

海外の話を聞いて、全員のイメージが、抽象だったものから具象してきた。
国内で勝負するもの、国外で勝負するもの、それぞれの目標に足りない部分を補うこと。そこを意識し、6月末に開催されたのは・・・

個人面談とフィジカル測定

それぞれが、目標を再確認し、面談を行った。
海外の話を聞いて、ピッチ外での活動にも変化が見えてきた。
それぞれの考えを確認し、目標への道のりを再認識した。

また、フィジカル測定も開催し、トップチームとのフィジカルの差を数値として感じた。その差を埋めるべくどう取り組むか。。。

6月の試合結果

vs 帝京大学 0-3 負け

vs 工学院マリノス
前半 2-0
後半 0-3
合計 2-3
得点者:若井x2

vs グラシア相模原
1-1
得点者:若井

月刊pfc【世界、トップとの差】2019年5月

1ヶ月経ち、選手たちも生活に慣れてきた5月。
今月は、要素盛りだくさんだった。

  • ホセレ・ゴンザレス氏(スペイン)の指導
  • トップチームとの練習試合
  • アルフレド・パニッシア氏(イタリア)の指導
ホセレ氏による指導
(ADアルコルコン:スペイン2部国際ダイレクター)
アルフレド氏による指導
(イタリアサッカー協会、元フットサルセリエA監督)

海外のトップレベルの指導者は、基礎能力の低さを指摘。普段のトレーニングがいかに大事なのか、また一流選手になるためにはピッチ外でも大切なことがあることを教えてもらった。

そして、pfcとして初めてJ3のトップチームとの練習試合も開催され、トップとの差を身を以て感じた。

ただやられただけでなく、通用する部分と自分たちが足りていない部分を肌で感じ、足りない部分を強化すべくトレーニングに取り組む。単純なパスのスピードや、ポジショニング、フィジカルの強さなどの個の部分で残りの期間でレベルアップする必要がある。

世界を知る稲本選手とも同じピッチにたち、ボールのタッチだけでなく、持ち方、置き方など、体験することは大きな財産となった。

〜5月の試合結果〜
vs上智大学(45分1本)
 2-0 勝 得点者:若井x2
vs首都大学(45分1本)
 2-0 勝 得点者:若井、三塚
vsSC相模原
 0-4 負
vsFCコラソン
 1-0 勝 得点者:若井