月刊pfc【1期生、契約率77%を達成!!】2020年2月

新型コロナウィルス(COVID-19)が流行っている中、まずは体調管理を第一に2月もトレーニングを行ってきた。

2期生も数人が合流し、入学前から来年に向け準備をスタートしている。

1期生、契約率77%を達成!

1期生は、それぞれがチャレンジし、契約率77%と1年の成果を発揮した。チームが決まったここからが、本気の勝負となる。

これまで経験したことのない”プロ”という世界は、簡単ではない。
大学の入学とは違って、入って落ち着くことはできない。ここから本気の勝負が待っている。
能力を発揮するだけがプロではなく、いかにチームに貢献できるか?勝利へとチームを導くことができるか?をプロとして求められていく。

“プロ”が意味すること

授業でも行ってきた、プロになるという意味。
給料が意味するものはなんなのか。バイトとは違う。
こなすだけではいけない。勝利こそ全てで、試合に出てこそ選手の価値を発揮できる。
3月に入り、アルビレックス新潟シンガポールに移籍した三塚は、途中出場ではあるが、それまでの練習試合において、ハットトリック、アシストとアピールし出場のチャンスを掴んだ。また、タイリーグに移籍した林もチームの中心選手として活躍。すでにチームの顔としてサポーターからも一目を置かれている。

タイリーグで活躍する林知哉

2期生の練習参加

2期生の練習参加も始まっている。2期生ですでに合流メンバーは、いきなりトップチームとの練習試合など、これまで経験できなかったことをすでに体験し、映像分析において、各自のプレーを見直していた。
「自分で考えて、更新する」という部分はどうしても欠けている。これまで教えてきたもらった分、答えを待っている選手は多い。
サッカーは A→B という簡単な答えはない。A+事象→B とサッカーの持つ原理原則からその答えを導いていくものだ。
これからの2期生の成長にも期待していきたい。

掲載記事:高校サッカードットコム
1期生インタビュー「サッカーに関して良い意味で貪欲な選手が本当に多い」
https://koko-soccer.com/news/5-koukousoccer/19654-201912286

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です