月刊pfc【1期生、2名が契約!】2019年12月・2020年1月

12月初旬にはアジア組が、タイへ渡っていった。
そして1月にはヨーロッパ組が出発。
現地の報告をもらう限り、アジアでは暑さと食事、そしてアウェーの雰囲気に苦戦しているようだった。
また、ヨーロッパ組も球際の違いを頭ではわかっているものの、そのリアルに苦戦していた。

そんな中、先に契約を決めた2名の選手がいる。

【アルビレックス新潟シンガポール(シンガポール1部リーグ)】
#20 三塚龍哉
出身チーム:U.Eコルネージャ(スペイン)
スペイン仕込みのボールタッチとドリブルが武器の選手。
年明け早々に、アルビレックス新潟シンガポールと契約!!

【SC シュバーツ(オーストリア3部リーグ)】
#13 諏訪悠磨
出身チーム:実践学園高校(東京)
1番のサッカーバカ!チーム内でも走れて戦えるボランチの選手。
オーストリアに渡航し、すぐにチームからオファーをゲット!

その他、トップチーム最終節を迎え、PFCの選手も1年間のサポーターの応援に感謝し、1年を締め括った。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です