月刊pfc【始まって3ヶ月、海外の情報を得る】2019年6月

4月から始まり、3ヶ月が終了した。
選手たちは、「もう3ヶ月終わっちゃった」「残り9ヶ月・・・」
と、時間を感じながら日々トレーニングに励んでいる。

3ヶ月経ち、生活の慣れではなく、チームへの慣れも気になるところだが、お互いに刺激しあい、今でもしっかりと継続できている。

ユーロプラス海外スタッフによる講義

海外で活動しているユーロプラスのスタッフによる講義も開催された6月。
エージェントとしても活動しているスタッフから、選手の移籍例や各国の特徴、トップレベルの選手のメンタルなどの話があった。

SC相模原の事務所でも開催した。

海外の話を聞いて、全員のイメージが、抽象だったものから具象してきた。
国内で勝負するもの、国外で勝負するもの、それぞれの目標に足りない部分を補うこと。そこを意識し、6月末に開催されたのは・・・

個人面談とフィジカル測定

それぞれが、目標を再確認し、面談を行った。
海外の話を聞いて、ピッチ外での活動にも変化が見えてきた。
それぞれの考えを確認し、目標への道のりを再認識した。

また、フィジカル測定も開催し、トップチームとのフィジカルの差を数値として感じた。その差を埋めるべくどう取り組むか。。。

6月の試合結果

vs 帝京大学 0-3 負け

vs 工学院マリノス
前半 2-0
後半 0-3
合計 2-3
得点者:若井x2

vs グラシア相模原
1-1
得点者:若井

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です